2018年6月20日水曜日

鳳凰山

岩手県からの皆さんと地元の鳳凰山に登りました。梅雨時でなかなか微妙な天気。予報も二転三転しましたが、結局レインウェアは着ることなく行動できました。
予めルート、泊まる小屋が決まっていて、青木鉱泉から中道ルートを登り鳳凰小屋に泊まり、御座石鉱泉に下るというものでした。写真は青木鉱泉からドンドコ沢ルートを少し登り対岸に渡ったところです。崩壊地の斜面の工事をしていて、登山者向けに歩く橋が架けられていました。ここから林道を歩いて中道ルートの登山口に向かいます。


中道ルートの標高差約1700mは簡単ではありません。鳳凰山の東側の三つのルートはどれも厳しいものばかりです。御座石鉱泉ルート、ドンドコ沢ルート、中道ルートです。写真はだいたい1950mの傾斜のゆるいところです。


カラマツの植林地を過ぎ、2000mを超えた後が中道ルートの核心⁉とも言えるこんな岩ゴロゴロの登山道です。ここで慌てないでじっくり登ることが出来れば中道ルートはOK!


標高約2400m下の御座石。


標高を上げて登場するハイマツ。これはハイマツの松ぼっくりです。今年は豊作という評判です。ライチョウやホシガラスの貴重な栄養源の松ぼっくりです。


長く苦しい樹林帯の登りもあと少しで稜線。登るにつれ青空が出てきてテンション上がります。約1700mの標高差を頑張りました。


双耳峰になっている薬師岳の二つのピークの間から稜線に上がります。


ふと足元を見ると、南アルプスを象徴するタカネビランの花はまだまだです。


周りの山の雲が取れず、それでもやっと顔を出してくれた仙丈ケ岳です。


薬師岳から観音岳は鳳凰山のハイライトです。雪か?と見まごう風化した花崗岩の白ザレ。


中道ルートを良いペースで頑張っての稜線です。南アルプスの展望台ともいえる稜線です。展望を楽しもうとゆっくり待ちましたが、それぞれの場所で待ちばかりで、すっきりした展望にはなりませんでした。


鳳凰山の固有種、ホウオウシャジンの姿。花は夏の終わりなのでまだまだです。


観音岳から地蔵ヶ岳へは、200m以上下って130m登ってアカヌケ沢ノ頭。下りも登りもなかなかしんどいところです。


アカヌケ沢ノ頭でも雲が切れるのを待ちました。そんなんでなんとも端正なオベリスクの写真が撮れました。


賽の河原


甲府盆地からも見える地蔵ヶ岳の白ザレを下り、鳳凰小屋にお世話になります。


翌朝は快晴となりました。富士山が見えるだけで最高!ということでした。


鳳凰小屋から御座石鉱泉へ下るルートは展望がありませんが、時々樹がまばらになるところがあります。オベリスクが見えました。


この角度の甲斐駒ヶ岳は本当にかっこいいです。


雲海の上に八ヶ岳が顔を出します。


下山口の御座石鉱泉まで約1000mの激下りが始まる燕頭山。


何ヶ所かで登山道の崩落があり、付け替えてある登山道でした。


斜面の崩落予防の法面工事。だいぶ前に工事は終わっていますが、登山道も付け替えられていて少しわかりにくい最後です。


御座石鉱泉、お疲れさまでした!


2018年6月15日金曜日

山NOBORO



山NOBORO 山登ろうというのは韮崎市の登山関係の事業です。ハイキングや登山のイベントを企画しています。韮崎駅前の市民センター「韮崎ニコリ」1階の観光案内所の中の地域情報発信センターが主体でやっています。


韮崎駅前ロータリー。写真には右側に日本百名山を書いた深田久弥終焉の山として有名な茅ヶ岳が写っています。駅前ロータリーからは富士山も八ヶ岳も、もちろん南アルプス鳳凰山も見えます。


もともとはショッピングセンターだった建物です。この建物の裏に立体駐車場があり、4時間までは無料なので中の図書館なんかを利用するときもゆったりできます。


韮崎のゆるキャラ、カエルのニーラ。


山道具なども販売しています。


で、僕がガイドする山行が企画されました。かなりお得なツアーです!ふるってご参加ください!


こんにちは。
イベントのご案内です。
韮崎市 山NOBORO × GoFieldアソシエイツ
2018第4弾「南アルプス 仙丈ケ岳」です!

仙丈ケ岳は韮崎市からは見えません。上空から見れば裏側です。
南アルプスユネスコエコパークを楽しみましょう!
ガイドは「やぶ山 三ちゃん」として知られる三上浩文さんです!(韮崎市在住)
山の歴史にも詳しい南アルプスを代表するベテランガイドさんです。

日程  :8/18-19(土,日)
集合  :韮崎駅9:00
定員  :15名
宿泊  :北沢峠 こもれび山荘
体力度 :危険個所はありませんが、2日目は8時間程の行動時間となりますので、
    登山経験のある方、体力に自信のある方向けです。不安な方はご相談ください。
持ち物 :水、行動食、着替え、宿泊道具等※参加者の方には事前案内をお送りします。
参加費 :25,000円
     ・参加費14,500円(ガイド料・保険代・1日目昼食代)
     ・宿泊費10,500円(宿泊費・2日目お弁当代)
     ※別途、路線バス料金(片道750円)、温泉代(600円)必要

【スケジュール】

●1日目
9:00  韮崎駅集合・バス乗車
10:30  広河原(広河原にて昼食休憩を挟みます☆広河原山荘名物ベジカレー☆)
12:30  路線バス乗車
12:55  北沢峠こもれび山荘着
―仙水峠ハイキング―(3時間程)
16:00  こもれび山荘到着
18:00  夕食
20:00  消灯
●2日目
5:00  出発
―小仙丈ケ岳―仙丈ケ岳―馬の背ヒュッテ―(8時間程)
14:30  こもれび山荘着
16:00  北沢峠より路線バス乗車
16:25  広河原
17:15  白山温泉
18:40  韮崎駅にて解散

【中止について】
荒天は中止(延期)となります。※前日判断
※お支払い済みの参加費は次回へと振り替え、またはご返金とさせていただきます。

【キャンセルについて】
開催日7日前より30%、開催日3日前より50%、開催日前日より100%
※振り込み手数料を差し引いた額をご返金いたします。

主   催 :韮崎市・㈱まあめいく
共催・運営 :Gofieidアソシエイツ
協   力 :ほくとトラベル(山梨県知事登録旅行業第2-256号)

【申込】
GoFeildアソシエイツwebサイト、もしくはメールにて承ります。
その他詳細もこちらをご確認下さい。
・webサイト:http://www.gfjassociates.com/event/event180818/
・メール:info@gfjassociates.com 
     件名に「仙丈ケ岳」、本文に氏名、電話番号、住所、生年月日を明記ください。

【問合せ】
・GoFeildアソシエイツ:03-6718-2855
・韮崎市「山NOBORO」事業担当:0551-30-4321(登山イベントの件とお伝えください)


三ちゃんと山NOBORO~

2018年6月13日水曜日

乾徳山

岩場、鎖場をどう通過するか!ということで乾徳山でした。山頂手前の岩場がいい練習になります。前日までの雨が止んだ朝。東側が降雪で白くなった富士山が奥に見えます。もと牧場だった大平高原がスタート。この気持ちのいい高原が変化しようとしている写真は、最後に登場します。


道満尾根を越えて山頂方面が見えました。


国師ヶ原に下り、高原ヒュッテという名の避難小屋によりました。トイレがあるのですが土足禁止なのが難点です。


扇平のカヤトのレンゲツツジ


サラサドウダン 更紗灯台 岩場の始まりの矢印は左⇦を指しています。岩にダイレクトに赤でスプレーされています。 


赤のスプレーの方向が今度は右⇒です。こういう岩場は慌てないことです。じっくり周りを見て、自分の身体、体重は足で支えるんだとあえて意識したほうがいいです。真っすぐ上るという意識ではなく、周りを見てより楽に行ける場所を選択したほうが良いです。あと多くの人が使っているスタンスは土がついていて色が変わっていることが多いです。


赤のスプレーの⇒の先。岩場をなるべく負担少なくというルート取りがなされているので、山頂に真っすぐ行くわけではありません。弱点を突いているので必ずしも山頂方面にいつも向いているわけではないのです。岩場の弱点を進んで行きます。ちなみに写真の先は梯子が設置されていて一旦下ります。


山頂直下の有名な鎖場。カラビナとスリングを使って安全に登ることが出来るということを実践していただきました。


乾徳山山頂


NHK「小さな旅」からの抜粋です。

乾徳山の魅力は、山頂付近の岩場。多くの登山者は、
岩登りを目的に訪れます。登山道には2か所の鎖場が
そのひとつは、高さが20メートルほどもあります。
また、山の石は、“ 乾徳石 ”と呼ばれ、各地の日本庭園の
庭石としても利用されています。今は山崩れを防ぐため、
石を運び出すことはできませんが、長い年月をかけて
できた趣ある、そのたたずまいを楽しむために訪れる
人もいます。


やぶ山慣れした登山者なら容易に行けるくらいのトレースがありました。


NHK「小さな旅」からの抜粋です。

夢窓国師座禅窟 乾徳石
修験の山としても知られる乾徳山。ふもとにある名刹・
恵林寺は、乾徳山を山号とするなど、深いかかわりを
持っています。それは、恵林寺を開いた鎌倉時代の
禅僧・夢窓国師が乾徳山で座禅の修行をしたと伝え
られているためです。修行の場所は、山頂からさらに
先へと進んだ岩壁にあり、“ 夢窓国師座禅窟 ”と呼ばれて
います。今も恵林寺の住職はその場所を訪れ、祈りを
ささげています。


こんなものも落ちていた断崖絶壁です。修験者が投げたものでしょうか?


日差しが夏の様です。奥に黒金山でえす。


ウラジロヨウラク 裏白瓔珞 ようらく瓔珞は仏壇の飾りだそうです。ピンクのもっと濃いもののほうが多かったです。


見事な山ツツジ。


白がきれいだったフタリシズカ。


今年は豊作と予感させたヤマブドウ。


下りは迂回下山路をとりました。なかなか厳しいルートでした。、まるで川の中の急傾斜の難しい道でした。


国師ヶ原の避難小屋に戻ってきました。いかにも高原という風情の気持ちの良いところです。


大平高原に戻ってお終いなのですが、この景色です。太陽光発電の工事が盛んに行われています。元牧場なので樹は生えていませんでしたが、この工事が災害をもたらすかもと思いました。とんでもない雨が降るかもしれない最近の気象現象です。広く平らな高原は高度を下げるに従い沢に集約されます。その沢を縫うように様に高原に上るための林道が走っています。そんなに遠くない将来に災害にあって通れなくなってしまう林道かもしれないと思った山行の最後でした。