2019年10月15日火曜日

美ヶ原

 久しく登ってないのでゆる~い登山をというリクエスト。どこでもいいとおっしゃっていましたが、どこでもいいわけがありません。これは今シーズン何度も行っている美ヶ原の出番じゃん!と直感しました。何度も行っている美ヶ原ってとこが肝です。晴れていれば360度ぐる~っと山が見えるそのほとんどが長野県の山、それが体験できる美ヶ原です。起点終点をうまく設定すれば、10kmくらい歩き標高差100mくらいのゆっくり歩けるルートを設定できる特別な美ヶ原です。


美ヶ原自然保護センタ-を起点に周回しました。山梨からだとアプローチに2時間くらいはかかってしまうのですが、晴れたこの日は美ヶ原のテーブルマウンテンを堪能するにはうってつけの日でした。


基本牧場なので、エリアの出入りはこんな所を行きます。


どんな人でも実感出来る非日常の象徴のような王ヶ頭ホテル。


王ヶ頭。


ガスが湧いたり晴れたり、八ヶ岳だけではなく富士山も登場してくれました!


王ヶ頭の南の縁の登山道。


 ゆるい登山道ですが、こんな厳しい自然本来の姿に触れることも出来ます。西風がカラマツの樹の片側の成長を妨げています。


烏帽子岩


 百曲がり分岐から牧場を進みます。


2000mの牧場に放牧された牛たち。悠久の時間を感じる塩くれ場。


美しの塔


いつもありがとうございます。


最高の解放感を味わえる美ヶ原ということでしょう。


ぐる~っと周って王ヶ頭の下の登山道を歩きました。王ヶ鼻を目指しました。


淡い色がなかなか良かったマツムシソウ


形が面白いハナイカリ


秋の山の象徴のようなウメバチソウ


明神岳東稜

穂高連峰の中の明神岳というとらえ方でいいと思います。Ⅰ~Ⅴ峰、五つのピークの明神岳、一般登山道がないのでなかなか理解されない山ですが、上高地バスターミナルから徳沢あたりまで歩く梓川の向こうに見える鋭い岩峰、正しくそれが明神岳です。明神館前にある案内板。


山って不思議なことに登った山はすごくよくわかります。登ったことがない山を地形図で同定しようと思ってもイマイチ自信がないという経験はどなたにもあるでしょう。ところが登ったことがある山はよくわかるもんです。明神橋からの尖がった明神Ⅴ峰。


ニホンザルの群れに囲まれた明神橋。右奥が長七の頭というピーク。そのピークの左のコルにひょうたん池があり、そこを目指します。


明神橋を右折して5分くらいで信州大学の施設。元々は養魚場の施設。


施設横を進んで小さな流れに架かる橋。小さな流れは明神池に流れます。


下宮川谷の沢地形を登ります。単純な地形ですが周りが見えないのでちょっと不安ですがマーキングがしっかりあります。


宮川のコルが見えてくるあたりからは高い樹もなくなります。宮川のコルの尾根は明神Ⅴ峰からのものです。1944m標高点のある尾根です。


赤いペンキのマーキング。ひょうたん池まで導いてくれます。


人の声が聞こえ見渡すと上部にいました。宮川のコルをスルーしてしまって登りすぎたパーティーが2つ。


素晴らしい青空でした。真ん中の尖がりが明神主峰(Ⅰ峰)、右のスカイラインが明神岳東稜。


ひょうたん池。池から一段高いところにテントスペースがあります。


「第一階段」と言われる草付きの岩壁。


ふり返ってひょうたん池の先に梓川の河原。


第一階段に取り付く広島からのパーティー。10mくらい登るとやや傾斜が落ちて草付き登りになります。


下又白谷の向こうに茶臼ノ頭2535m、尾根の向こうは奥又白池です。


ハイマツ帯の中にトレースがあり助かります。


東稜の頭から一旦下るとラクダのコル。


残置カムが残されたハングしたクラック。正直「まいった・・・」と思ったピッチ。急にガスが濃くなってトレースをロスト。何にも考えず(反省です!)登っちゃえばいいと取付いたのはいいけど、テント泊装備のザックを背負ったままでは登れず、途中でザックを下ろして空身でトップアウト。ガスが取れ上から確認できたトレース。僕ら以外のツーパーティーはラクダのコルにテントを張るということでした。ガスガスの中ルートを確認したくて僕らの登る様子のギャラリーになってました。
トップアウトしたらトレースが見えました。写真のハングの左の草付きにあったトレース。他のパーティーに伝えたのは言うまでもなかったのですが、ここで問題が起きました。テント装備のザックを引き上げようと思ったけど最低限のギアで、それは無理だとわかったんでした。懸垂で下ってトレースを辿るしかありません。懸垂下降をしようと思ったけどロープの長さが足りません。広島のパーティーにロープを借りての懸垂下降。深く考えず突っ込んだことを反省しました。「まいった・・・」の内容です。


見栄えのするバットレスと呼ばれているスラブ壁。ここは難しくありません。


稜線に出ました。奥穂高岳と前穂高岳がすっきり見えました。


前穂とテント。明神主峰は2931mの標高点。


振り返ったラクダのコル。テントがパーティー分ふたつ。僕らが主稜線まで登った理由は翌日の行動時間です。明神主稜線を縦走して上高地に下って帰るわけですけど、明神主峰まで登っておくと翌日上高地にはお昼前後には着きます。上高地は登山者だけではないのであんまり遅くなると混雑するんです。


素晴らしい夕暮れをとんでもない岩稜のテントサイトから眺めることが出来ました。明神主峰(Ⅰ峰)から見下ろしたⅡ峰、Ⅲ峰、Ⅳ峰。


下界の喧騒とは隔絶されたと感じさせてくれた山上からの雲海!


西穂高岳の稜線に沈んだ夕日が輝いた瞬間。


翌朝は雨まじりのトホホ。Ⅱ峰は霞んでました。本格的な雨ではなくウエットなガスに包まれてました。


Ⅰ,Ⅱのコル。そうとう狭いです。


Ⅱ峰の登りが核心の明神岳主稜と呼ばれる明神岳縦走。


Ⅲ峰。ピークには行きません。


Ⅳ峰から振り返ったⅠ,Ⅱ,Ⅲ峰。


すっかりガスが取れて見えた上高地の全貌と焼岳。Ⅴ峰に向かっています。


Ⅴ峰


Ⅴ峰の有名なピッケル。ピッケルの左に東稜の頭、Ⅳ峰、Ⅰ峰、Ⅲ峰。


Ⅴ峰から南西尾根を下ります。岳沢に向かって怒涛の下りです。


精神的にやられるトラロープの岩稜。


岳沢の登山道の無事下りました。


のんびり登山道を歩いてお昼には上高地に戻りました。