2021年10月10日日曜日

黒戸尾根二合目東尾根

しばらく更新していないブログですが決してやめちゃったわけではありません。ひと月記事を10個も書くなんてことは難しそうですが、とりあえず今日の山を書くところからやってみます。
黒戸尾根です。何度も登っていて気になるところを歩いてみた今日でした。横手駒ケ岳神社から登山道を登って、笹ノ平の上の二合目にあたる黒龍様、馬止と呼ばれる平の東の1682m標高点から延びる東の尾根を辿ってみました。仮に二合目東尾根と言ってみましたが、正確には東南東ではあります。反時計回りです。


横手駒ケ岳神社入り口の観音様。二合目の黒龍様には三十三番の観音様が建立されているので丁目石という意味なのかと思います。これは三番か四番です。


登り始めて秋の花がちらほら。センブリ。胃腸薬として利用されてきた生薬です。千回煎じてもまだ苦いということからのセンブリだそうです。


まだ残っていたキッコウハグマ。


神社上の林道をまたいで登場する登山口。


えぐれた登山道。やはり昔の山仕事の道なのでこんな形状なんです。


白州の中山が見えました。


歩きやすい登山道。


ジグザグに広い道を時に急になりながら標高を稼いでいくとこの案内。お牧場って牧場のような意味でしょうか?1200m~1250mの範囲は緩やかで比較的平らな斜面です。調べてないけど牛や馬を放牧していたのでしょうか?お牧場という言葉が気になりました。


標高1300mの沢地形からには水が取れる場所が続きます。


竹宇駒ケ岳神社からの登山道と合流するあたりはカラマツの植林地。


黒龍様の平。


標高点1628mのピーク。


標高点1682mから東南東に延びる尾根は簡単な地図読みです。方角だけつかんでいれば間違えることはないでしょう。ほぼ真っ直ぐな尾根です。


標高1500mあたりのやせ尾根。等高線ではわからなかった痩せ尾根。


獣が濃い感じの尾根で、このモミの木の根元が擦れて泥が付いていました。


熊の爪痕が付いていたのはタカノツメというウコギ科の大木。


炭焼きの跡の炭のかす。


何度も鹿に会いました。こっちもだけどあっちもビックリしたんだと思います。


標高1100m圏内からは細長い尾根が続きます。昔の山仕事の道が登場しました。


やはりタカノツメに熊の爪痕。


途切れ途切れに恩賜林の林班の境界見出標も出てきました。


標高点1062mにはお手製の標識。


広いなだらかな尾根。


三等三角点983.9m点名「大坊」。大坊は下の集落の名前。


三角点からは昔の山仕事の道形沿いに下りました。


林道に出て横手駒ケ岳神社に戻ります。地形図の滝道川は滝堂川なのかと思わせる橋の名前。


横手駒ケ岳神社もどって、二番の観音様にお会いして帰りました。
前から気になっていた黒戸尾根二合目東の尾根、何かあるかな?って期待して下ってみましたが、昔の山仕事の道としても、ましてや信仰の道としても特に何もなかったという感想です。

2021年7月20日火曜日

浅間隠山

谷川岳に登った翌日、少しでも好天が望まれるところに移動して登山ということで、軽井沢北の浅間隠山を狙ったわけでした。登山口の駐車場のこの青空に思わずガッツポーズ!


浅間隠山は群馬県の東吾妻町と長野原町の境にそびえる日本200名山の山です。


登りはじめはモミジイチゴの木苺の実が食べごろでなかなか進まない展開でした。


200名山ということで全国から登山者が訪れるかどうかは僕にはわかりませんが、とても整備された登山道が続いていました。


サラサドウダンの花びらが敷き詰められたような登山道。


山頂南東の1690m圏の小ピーク。ここまで来れば山頂もすぐです。北の吾妻川方面からはこのピークと山頂を繋ぐ山頂部が富士山に似ているということで川浦富士と呼ばれているようです。その川浦富士があるので浅間山が見えないところから浅間隠山(あさまかくしやま)なんです。


アヤメがちらほらでレンゲツツジは終わってました。


登るにつれガスに覆われていたのですが、山頂では浅間山を隠さず見せてくれました。


浅間隠山山頂のかわいそうな三角点柱石。なんでこんなことになったのでしょう?ふつうは三角点と彫られきれいに仕上がった面から下は土中なわけです。


スコリア(だいたい火山灰)に覆われた浅間隠山の地面です。勝手にこれは浅間山から飛んできたのだろうと思いました。


登山口の群馬県道54号線に下ってきました。県道の法面はたくさんのシモツケというバラ科の落葉低木の花が咲いていました。


二度上峠からの浅間山。


2021年7月16日金曜日

谷川岳

谷川岳にというリクエストを頂きました。ただコロナ過でほとんど山を歩いていないというのが問題でした。まだ梅雨明け前で天気も気になった山行です。とにかく稜線に上がってしまおうと谷川岳ロープウェーに乗りました。

何とも微妙な空でしたが、雨具を着ることはありませんでした。

とは言っても榛名山の向こうに夏の黒い富士山が見えたのには驚きでした。

天神尾根は短いので、まるで初心者ルートのようにとらえてしまいがちなんですが、蛇紋岩の岩はぬれるととても滑ります。確実に歩くにはそれなりの歩きのスキルが必要です。

登山道の残雪が融けたばかりで、ショウジョウバカマがそこだけの春を感じさせます。


肩の小屋に着いて、とりあえずオキノ耳まで。展望がきくようなら一ノ倉岳までピストンするつもりでした。


何も見えないんじゃ行っても仕方ない、ということで雲の移ろいやたくさんの花々を眺めていたらなんとどんどん雲がとれてきました。


オキノ耳からトマノ耳の尖がりがかっこいいって見ていました。その尖がりの意味を肩の小屋の小屋番さんに教えてもらうのは翌朝でした。


左の茂倉岳と右の一ノ倉岳。雲の変化に見とれて一ノ倉岳はまた今度ってなりました。


肩の小屋に戻りながらの展望でオジカ沢の頭の左に俎板ぐら。


夏の谷川岳ではそれほどの存在感ではありませんが、このケルン、冬は圧倒的な存在感なんです。


ミヤマキンポウゲの黄色と肩の小屋。


肩の小屋に泊まった翌朝、トマノ耳は落雷がすごいそうです。山頂標識がやられてバックリ割れてしまうこともしばしばだそうで、これは去年雷にやられた標識。小屋の横に置かれていました。


トマノ耳の今年交換したばかりの山頂標識。翌朝もう一度行ったトマノ耳で確認しました。


雨は降りませんでしたがウエットな登山道。


コロナ過で体力に不安はあったとしても、谷川岳をそれなりに堪能した山行、まるで肩の小屋に泊まるのが目的のような山行になりました。それでも素晴らしい花の山が良かった!