2018年8月25日土曜日

富士山御殿場ルート

早朝に静岡側で合流という約束の富士登山の始まり。この時期の日の出の時間に韮崎を出発しました。だいたい2時間前に家を出れば対応できる富士登山です。夏の富士山、山梨側からは良く見えますが、富士山の南に位置する沼津や三島からは2割くらいしか見えないという話を聞きました。南から暖かい空気が上がるから曇りがちにガスがかかるということだと思います。富士山の夏、静岡側からは見えないということです。


富士吉田、須走、富士宮の水ヶ塚とは違い御殿場の五合目の駐車場は無料です。第三まで駐車場が設定されていますが満杯になることはほとんどありません。第三駐車場に車を停めたこの日。


鳥居をくぐって登山開始。


富士山の主要ルート4本、富士吉田口、須走口、御殿場口、富士宮口とあるわけですが。いちばんハードルートといわれている御殿場口です。ですが、山を知っている人にとってはいいも悪いも自分で判断して山行計画を立てましょうとなるのだと思います。夏の2ヶ月だけ考えれば、結構使えるルートが御殿場ルートです。注意してください、山を知っているという前提です。




この時はツアーでした。御殿場ルートの山小屋が全面バックアップのツアー。


登り始めから標高約3000mまでの間にトイレもないということで、簡易トイレまで心配していただいた内容。物資は全てブルドーザーってのがとっても富士山らしいと思いました


登りながらふと横を見るとこのスカイライン、とっても富士登山って感じなんです。


下の写真の雲の様子がっとてもわかりやすかったです。南を見下ろしています、左から沸き起こる雲はやさしい雲、右からのものは雨を伴う歓迎できない雲、そんな話をしながら高度を稼いでいきました。結局翌日にかけて右の雲の勢力が増してとんでもない天候になったのでした。基本西から変化する空です。


きれいな青空もここまでという初日でした。


山小屋に到着、お世話になります。


なかなか願いがかなわない天候。


結局、天候が悪く7合ちょっとで敗退と決定の2日目の朝。Coffeeでも飲んでという図。


わらじ館の橋本さん。素晴らしいホスピタリティを持った方でした。お世話になりました!


富士登山敗退です。


御殿場ルートの途中、宝永山にトラバースするところで、風速恐らく20mを体験していただきました。宝永山に通じる尾根道を進むと西風にダイレクトに当たります。皆さん命を守るってモードになったご理解いただけました。山頂に行くということが無理だということ。


大砂走の最後。


標高を下れば景色が広がる天候。山中湖もばっちり見えました。


残念な結果でしたが山は逃げません、またトライすればいいんです。


0 件のコメント:

コメントを投稿